teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: お早う御座います

 投稿者:秩父じじ  投稿日:2018年 1月18日(木)06時40分26秒
返信・引用
  お早う御座います、今日は晴れる所が多く
北陸から北は午後雨北は雪、気温高め

★長崎県 1000万本 誘う甘い香り
野母崎「水仙の里」長崎市野母町の
野母崎総合運動公園内「水仙の里で
白いスイセンの花が見ごろを迎え、
来園者を楽しませている。植えられた
のは約1000万本。小高い丘に
美しく咲き誇り、周辺を甘い香りに
包んでいる家族4人で訪れた福岡県
春日市の主婦、城下ちどりさん
(64)は「一つ一つがしっかり
咲いていてきれい。香りもすごい
ですね」と笑顔で話した。

★宮崎県 ぽかぽか菜の花ゆらゆら
県内4月並み陽気16日の県内は南から
暖かい空気が流れ込んだ影響で、前日に
続いて気温が上昇した。全17観測地点中
15地点で今年最高を記録し、ほぼ全域で
3月下旬から4月中旬並みの暖かさと
なった。

★完熟きんかん「たまたま」初競り
1箱3万円本県特産ブランドで、生で
皮ごと食べられる完熟きんかん
「たまたま」の販売が15日解禁され、
全国34市場で初競りがあった。
品質良好で、福岡市中央卸売市場では
ご祝儀相場もあり、昨年に続き過去
最高値となる1箱(1キロ)3万円が
付いた。3月までに例年並みの
1158トンの出荷を見込む。

★高知県 高知で坂本龍馬記念館の
新館が完成 史料収蔵も充実4/21開館
既存館の隣に完成した県立坂本龍馬
記念館の新館(高知市浦戸4月21日に
新装オープンする高知市浦戸の高知県
立坂本龍馬記念館(休館中)の新館が
このほど完成。2階建ての建物は「蔵」

をイメージした外観で既存館(改修中)
と渡り廊下で連結した構造。史料を収蔵・
展示する環境が充実しており、既存館の
2倍以上の広さになる展示室で、龍馬に
関する貴重な実物史料を数多く
公開する予定だ。

★岡山県矢掛に全国初 荷物運べるタクシー
事業者に「貨客混載」認可貨客混載」
サービスの認可を受けた二葉観光運輸の
タクシー岡山県矢掛町上高末タクシーで
荷物を運べる「貨客混載」サービスの
事業者として、岡山県矢掛町上高末の
タクシー会社「二葉観光運輸」を認可
したと16日、中国運輸局が発表した。
貨客混載は物流や交通手段の確保を目的に
人口減少が進む過疎地を主な対象として
昨年9月に解禁され、認可は全国で初めて

二葉観光運輸や運輸局によると、同社は
タクシー8台を保有。高齢者や運転免許
返納者らのニーズがあると見込んでおり、
利用者が収穫した野菜を農産物直売所へ
出荷したりスーパーに注文した食料品や
日用品を自宅へ届けたりするケースを
想定している。運賃体系の検討を急ぎ、
4月からの事業展開を目指す。

★京都 押す力で発電、給電不要
スイッチ開発 オプテックス
オプテックスが発売した電池不要の
スイッチオプテックスは、車いすを
使う身体障害者らが自動ドアを通る
際に指で押す開閉スイッチで、電池が
不要の新製品を発売した。押す力を
利用して自ら発電する「エナジーハー

ベスティング技術を活用した業界初の
製品といい、需要が見込まれる北米を
中心に拡販する。スイッチは、押す
時の力で発電し自動ドアを開閉させる
信号を送信する。250万回以上の
耐久性があるため、1日千回押しても
7年間はメンテナンスが不要という。
配線もないため施工を効率化できる。

★兵庫県 寅さんおかえり
旧菅原市場跡地に記念碑“復活”
公園に設置された記念碑阪神・
淡路大震災で37店舗が全焼した
旧菅原市場の跡地にできたすがはら
すいせん公園神戸市長田区菅原通4
)に映画「男はつらいよ」のロケ地と
なった記念碑が“復活”した。1920
年創業の菅原市場は震災4カ月後には

仮設店舗で営業を再開復興のシンボル
と呼ばれた。5年後には共同スーパー
「味彩館 Sugahara」として
再建を果たしたが、店主の高齢化や
大手スーパーの進出などを受けて
昨年閉店した。

★和歌山県 木熟ミカンが収穫最盛期
和歌山県田辺市芳養町の大坊や団栗で、
早生温州ミカンの「木熟ミカン」が収
穫最盛期を迎えた。日当たりと水はけが
良い園地で栽培された消費者に評判の
良いミカンで、2月中旬まで続く。

★岐阜県 郡上本染色鮮やか
20日鯉のぼり寒ざらし鯉のぼりの
色付け作業を進める渡辺一吉さん=
郡上市八幡町奥美濃の冬の風物詩
郡上本染 鯉(こいのぼりの寒ざらし
」が20日、岐阜県郡上市八幡町で
行われるのを前に、鯉のぼりの制作を
手掛ける同町の紺屋(こうや「渡辺
染物店」の工房で16日、色付けと

天日干しの作業が行われた。郡上本染
(県重要無形文化財)は400年以上
の歴史を持つ伝統工芸で、伝統技術
保持者の渡辺庄吉さん(82)や
長男の一吉さん(48)らが技法を
守り続けている。寒ざらしは鯉のぼり
の目やうろこの模様を白く残すために
置いた糊(のり)を川の水で洗い流す
作業で、毎年1月と2月の2回
公開されている。

★茨城県 和紙の原料・コウゾ
大子で皮むきピーク大子町で、国連教育
科学文化機関(ユネスコ)の無形文化
遺産の和紙「本美濃紙」岐阜県美濃市)
などの原料となるコウゾの皮むきが最盛期
を迎えている16日も大子那須楮(こうぞ
)保存会会長の斎藤邦彦さん(71)

=同町大沢=方で、10人ほどが作業に
追われた。大子町はコウゾの産地として
知られる。12月に刈った3メートルほど
のコウゾを長さ約80センチに切りそろえ
9束(1束約30キロ)を釜で蒸す。
蒸したコウゾは1本ずつ茶色の皮を手で
はぐ。同じ作業を1日7回繰り返す。

★埼玉県 アトラクション愛犬と楽しんで
3月13日まで西武園ゆうえんち西武園
ゆうえんち(所沢市)は、日ごろの感謝を
込めて日中の入場料を無料にしたり、愛犬
同伴で複数のアトラクションに乗車できたり
するサービスを実施している三月十三日まで

期間中の午前十時~午後四時に入園した
場合、通常中学生以上千二百円、三歳から
小学生まで五百円、六十歳以上六百円の
入園料がすべて無料になるイルミネーション
開催日は午後四時前に入園すれば、無料で
イルミネーションも楽しめる。

★群馬県 沼田でリンゴ3万個「冬眠」
沼田市上発知町の玉原高原ペンション村の
一角で15日、雪の中にリンゴ約3万個を
埋めて貯蔵する作業が行われた。リンゴは
春に取り出されるまで「冬眠」のように
冬を過ごす沼田市りんご組合(角田孝道
組合長)の有志13軒の17人が、品種

「ふじ」を入れたコンテナ約600箱を
持ち寄り、ネズミよけに効果があると
されるスギの葉などでコンテナを囲い、
雪をかぶせた。組合によると、リンゴを
温度と湿度が一定の雪中に貯蔵すると、
収穫時のみずみずしさが保たれるという。
大型連休前の4月下旬に取り出し、
「雪んこりんご」の名で販売する。

★岩手県 ワカサギ、陽気に解禁
盛岡・岩洞湖氷上釣り 盛岡市薮川の
岩洞湖で16日、今季の氷上ワカサギ
釣りが始まった。解禁初日は前日の
最低気温より13・5度も高い4月
上旬並みの気温となり醍醐味だいごみ
)の一つでもある厳しい冷え込みは
なかった。岩洞湖漁協によると約
1140人が訪れ色とりどりのテント
を張るなどして、久しぶりの手応えを
楽しんだ。防寒装備に身を包んだ釣り
人たちは、厚さ15センチ以上に
なった氷に手際よく穴を開けると、
釣り糸を垂らして魚信を待った。

今日も良い一日元気で行きましょう。
 
 

Re: お早う御座います

 投稿者:秩父じじ  投稿日:2018年 1月17日(水)06時43分11秒
返信・引用
  お早う御座います、今日は曇りや雨の所が
多く北は晴れる所も気温は少し高め。

★鹿児島県 フキノトウ 春の予感
鹿児島市つぼみがほころび始めた
フキノトウ=鹿児島市宮之浦町
全国各地に大雪を降らせた寒気が抜け、
鹿児島県内は15日から、鹿児島市で
最高気温17.5度を観測するなど、
軒並み3月上旬から4月上旬並みの
暖かさとなった同市宮之浦町の田んぼ

道では枯れ葉の中で小さなフキノトウ
が顔をのぞかせていた。園児5人と
散歩していた保育士の中尾めぐみさん
(46)は「今年は寒さで芽吹くのが
遅いようだが、フキノトウを見ると
春を感じる」と話していた。

★愛媛県 宇和島・岩松川でシロウオ
漁スタート愛媛県宇和島市津島町の
岩松川河口でこのほど、シロウオ漁が
始まった。漁師らはあめ色に輝く川の
恵みを次々と水揚げした。漁は1月
下旬に最盛期を迎え2月中旬まで続く。

★岡山県 岡山県がイチゴのブランド
化計画年間通した「果物王国アピール
岡山県は15日、2018年度から
県産イチゴの特産品化に乗り出す方針
を明らかにした。イチゴは県特産の
桃やブドウがオフシーズンの冬から
春にかけて収穫するため、全国
ブランドに育てることで年間を通して
果物王国・岡山」をアピールできる
と判断。推奨品種を選定し、桃、
ブドウに次ぐ県産フルーツの新たな“
顔”として売り込む。

★京都 酒蔵イメージ「バスの駅」
完成 京都・伏見 新たに設置され、
除幕式が行われたバスの駅「西大手筋
お酒と水のまち伏見」=京都市伏見区
ベンチや屋根のあるバス待合所
「バスの駅」が京都市伏見区片原町に
完成し11日に完成記念式典が開かれた

伏見の酒蔵をイメージしたデザインで
町家のような格子壁や、水の流れを
表現した敷瓦などがあしらわれている。
市バスの西大手筋バス停に、月桂冠が
創業380周年記念として、同バス
停付近の歩道の狭さを解消しようと
設置した。

★和歌山県 節分控え準備着々
那智大社と青岸渡寺2月3日の節分に
向け、和歌山県那智勝浦町那智山の
熊野那智大社と那智山青岸渡寺で、
それぞれ鬼を封じ込める厄よけの
「鬼面札」、豆まきに使う縁起物の
「祝枡(いわいます)」が作られて
いる。いずれも直前まで続く。

★奈良県 鎮魂の光、一つずつ -
阪神・淡路大震災の希望の灯り」分灯
ランタンに点灯する参加者=13日、
大和郡山市宮堂のあすなら苑 阪神・
淡路大震災から23年となる今月17日を
前に、神戸市にあるガス灯「1・17
希望の灯り」から分灯された火を
ろうそくにともして並べる「第13回
桜あかりの集い」(ならコープサークル
桜<鎮魂>の会」主催)が13日大和郡
山市宮堂のあすなら苑で行われた。
市民生活協同組合ならコープの組合員、
職員ら約50年が参加。震災犠牲者の
冥福を祈った。

★静岡県 ちきゅう」清水港出港
南海トラフ地震発生帯に観測機器設置へ
地震津波発生メカニズムの解明を目指し
南海トラフへ観測機器設置に向かう
ちきゅう15日午前、清水港海洋研究
開発機構(JAMSTEC)の地球
深部探査船「ちきゅう」が15日、
南海トラフ地震発生帯への観測機器
「長期孔内観測システム」設置のため、
清水港を出港した。

設置場所はフィリピン海プレートが
陸側のプレートに沈み込むプレート
境界断層の前縁で、和歌山県新宮市の
南東約100キロの海底下約500
メートル。地層の温度や圧力、傾きなど
を計測して、プレート境界での詳細な
地殻変動をリアルタイムで観測する。
これまでに設置した周辺2カ所の機器と
合わせ、南海トラフ地震を引き起こす
ひずみエネルギーの蓄積が進む現場周辺
を切れ目なく観測することができる
ようになるという。

★岐阜県 西郷どん愛刀「千子村正」
ペーパーナイフで再現 岐阜県関市
東貸上の刃物メーカー「ニッケン刃物
」が、NHK大河ドラマの主人公・
西郷隆盛の愛刀をモチーフにした
日本刀形ペーパーナイフを販売して
いる。売れ行きは好調で、県内や
西郷の地元鹿児島でも販売されている
同社ははさみを主力商品としており、

近年日本刀形のはさみやペーパーナイフ
を販売し、話題を呼んでいる。今回は
伊勢(三重県で作られたとされる西郷
の愛刀「千子村正(せんごむらまさ)
をモチーフにした。刀身はステンレス
製で、職人が刃の部分を研磨、独特の
刃文も再現した。鞘(さや)も黒い
重量感のある質感に仕上げた掛け台が
あるため、飾って楽しむこともできる。

★神奈川県 地元住民ら200人が無病
息災を祈る 鶴岡八幡宮で左義長
鎌倉市雪ノ下の鶴岡八幡宮で十五日、
しめ飾りや松飾りをたき上げる祭事「
左義長」が行われた地元住民ら約二百
人が見守り共に一年の無病息災を祈った
境内の源氏池そばに、しめ飾りなどを
積み上げた高さ約三メートルの山が
二つできた。午前七時に神職らによる
祭事が始まり、火が放たれると「バチッ
、バチッ」と大きな音を立てながら
瞬く間に燃え上がった。

★茨城県 「水戸城」大手門の発掘
調査「瓦塀」南側からも出土水戸
徳川家の居城「水戸城」の大手門を
復元するための発掘調査で、瓦を積み
重ねた「瓦塀」が、門があった場所の
南側からも出土し、門の詳細が判明
した。市は調査を終えて二月から
本格的な工事に入り、来秋の茨城国体
までに大手門を整備する。

★群馬県 崖上からお金投げて厄落とし
富岡・北向観音 参拝客でにぎわう
厄よけ観音として知られる富岡市大島の
「北向観音」で十四日、例祭があり、
未明から厄落としの参拝客が訪れ、終日
にぎわった同観音は八一四(弘仁五年
、弘法大師が東国巡礼した際、信州で
神木を得て三体の仏像を彫り、一体を
北向きに安置したとされる。約二百
五十年後、源頼義がお堂を建てたとも

伝わっており、地区住民によって
厄よけの観音様として守られている。
 参拝者は参拝後、本殿下の高さ約
二十メートルの崖上から自分の年だけ
お金を投げて厄を落とし、崖下にいる
子どもたちがお金を拾い、家に帰る
前に使ってしまうのが習わし。崖下
では、参拝客が厄落としを投げる度に
子どもたちの歓声が上がっていた。

★東京 ボロ市のにぎわい見回り
世田谷で5年に一度の代官行列戦国時代
の「楽市」に起源を持つ真冬の伝統行事
世田谷のボロ市」が15日あり江戸時代
の市場の見回りを再現した「代官行列が
商店街を練り歩いたボロ市は1578年
関東地方を支配していた北条氏が始めた
。江戸時代、農民が正月用品や農具を

売買するようになった内職で作るわらじ
に編み込む古布(ボロ)がかつてよく
売られたのが名称の由来といわれる。
 明治百年を記念して1968年に
始まった代官行列は5年に一度の大行事だ
。この日は、江戸時代に代官を務めていた
大場家の16代目、大場信秀さん66を
代官役に総勢48人でボロ市通りを歩いた

★栃木県 足早い春の訪れ 鹿沼の観光
農園でロウバイ見ごろ鹿沼市上永野の
観光農園「ろうばいの里」で、一足早い
春の訪れを告げるロウバイが見ごろを
迎えている。この時期、楽しめる花は
少なく、県外からも多くの観光客が
足を運んでいる。山裾の斜面に広がる
一・三ヘクタールの農園には、四種、

約四千本のロウバイが植えられている。
中国原産のロウバイは、光沢がある
黄色い花びらと甘い香りが特徴。経営
する大貫孝之さん(73)によると、
今シーズンは例年とほぼ同じ十一月
下旬ごろに、つぼみがほころび始めた。
三月中旬まで楽しめるという。

★北海道 厳寒の中 ばん馬の朝調教
見学ツアーもばんえい競馬(帯広市主催
)が開催されている帯広競馬場で、
ばん馬の朝調教が行われている。厳寒の
中、ばん馬が吐く息や蒸気となって立ち
上る馬の汗が、朝日に照らされ、白く
輝いている。連日、最低気温が氷点下
10度を下回る中、夜明け前の午前

2時ごろから調教が始まる。約500頭を
調教師らが交代で馬場に出し、1頭あたり
1時間ほどかけて平たんな約1・8キロ
の練習用コースを行き来する。ばんえい
競馬開催の日曜日には朝調教見学ツアーも
ある。1月の予約は満員の人気だ。

今日も良い一日が元気で行きましょう。  
 

Re: お早う御座います

 投稿者:秩父じじ  投稿日:2018年 1月16日(火)06時40分27秒
返信・引用
  お早う御座います今日は太平洋側は晴れる
所が多く午後曇り九州と北陸は雲リ午後雨

★鹿児島県 霧島・自然10景 切手発行
950部限定 日本郵便九州支社(熊本市)
は霧島の美しい自然を題材にした切手
シートを発行し霧島市内の22郵便局で
販売している以前から多かった観光客の
要望に応えた韓国岳から見た季節ごと
の霧島連山や国天然記念物ノカイドウ、

秋の六観音御池など10枚地元の写真家
中小路靖さん(57)=国分上小川=が
写真を提供した1シート(82円10枚
)1300円で、950部限定。霧島市外
では大隅や熊毛など県内東部地区7市
9町の郵便局で注文販売するほか15日
から「郵便局のネットショップ」でも扱う。

★高知県 栽培アオノリ初収穫
高知県の四万十川河口 生育順調
四万十川下流漁協(沖辰巳組合長)が
高知県四万十市高知大学と共同で四万十川
河口域で実施しているスジアオノリ栽培
事業は今冬、順調に生育が進み、初めて
の収穫が13日に行われた。事業は
一昨年秋にスタートしたが、カモと
みられる食害などに遭いこれまで収穫は
なかった。2回目の挑戦で成果が上がり、
組合員は「きれいなノリが採れ栽培事業
の)弾みになる」と期待している。...

★岡山県 笠岡諸島の六島でスイセン
見頃 甘く香る花が潮風に揺れる
笠岡諸島(笠岡市)の最南端にある
六島で、シンボルのスイセンが見頃を
迎えた。白や黄の小さな花が冬の潮風に
揺れ、甘い香りを漂わせている。
島では島民やボランティアらが古く
から自生するスイセンを増やそうと

移植を続ける。東部の前浦港を見下ろす
斜面や“恋する灯台”に認定されている
南部の六島灯台周辺など約2ヘク
タールに約10万本が群生している。
地元公民館によるとスイセンは例年より
早い昨年11月上旬から咲き始め、現在
八分咲き。2月末まで楽しめるという。

★京都 水かぶり裸踊り、無病息災願う
京都・法界寺「頂礼、頂礼」と威勢の
いい声を響かせ、踊りを奉納する子ども
たち14日 京都市伏見区・法界寺)
下帯姿の男たちが体をぶつけ合う「
裸踊り」が14日夜、京都市伏見区日野
の法界寺で営まれた。冷え込む境内に
威勢のいい男たちの「頂礼ちょうらい)
頂礼」の掛け声が響き渡り、参拝者が
無病息災を願った。裸踊りは江戸中期に
始まったとされ五穀豊穣などを祈願して

元日から続く「修正会(しゅしょうえ)
」を締めくくる結願(けちがん)法要で
営まれる同寺は安産 授乳の信仰があり、
下帯は安産祈願の腹帯として尊ばれている

★滋賀県 大蛇」燃やし無病息災祈る
滋賀・守山で奇祭 燃え盛るたいまつを
背に乱舞する若衆たち大蛇に見立てた
巨大なたいまつを燃やして無病息災を
祈る奇祭「火まつり」が13日、滋賀県
守山市勝  部1丁目の勝部神社と
同市浮気町の住吉神社で営まれた。降り
しきる雪の中、燃えさかる炎が夜空を
焦がした。火まつりは鎌倉時代、

土御門天皇の病を治すために大蛇を
焼き払ったという伝承に由来し、
800年以上続く伝統行事。たいまつは
勝部神社が大蛇の胴体、住吉神社が
頭部を表すとされ、ともに県無形民俗
文化財に指定されている。

★静岡県 巨大“タコ”空を舞う 富士宮・
朝霧高原 富士山を背に空を舞うタコ形の
富士山の麓で凧(たこ)揚げを楽しむ
イベント「たこたこあがれin富士山」
(実行委、富士山西麓会主催)が14日
富士宮市の朝霧アリーナで開かれた。
海に生息するタコの形をした全長25
メートルの巨大凧が登場し、来場者を
沸かせた。大人と子どもたちが協力して
ひもを引っ張り、風を利用して上空に
飛ばした。間近には富士山が全景を現し、
写真愛好家が足をくねらせて空を泳ぐ
タコとの競演を狙った。

★群馬県 桐生・黒保根町梨木の氷柱」
見ごろ桐生市黒保根町宿廻の道路脇に
毎冬現れる「梨木の氷柱(つらら)」が
見ごろを迎えている。長いもので約
二メートルにもなる氷柱が幅二十メートル
ほどにわたって天然の氷のカーテンを
つくり見物に訪れた人を楽しませている。
 場所は梨木温泉「梨木館」の川を挟ん
合間から流れるわき水が凍ってできる。
十数年前から話題を呼び、梨木の氷柱と
呼ばれてきたという。

★東京 オフィス需要「品川」急浮上
リニアや新駅 話題が豊富」 東京二十三
区に立地する大企業を対象にした
「二〇一七年オフィスニーズ調査」で、
新規賃借の際に希望するエリアは二年
連続で「日本橋」が一位品川(駅周辺
)が二位に急浮上し、前年二位だった
「新橋」がベスト10から姿を消した。
 調査は二〇〇三年から大手不動産
デベロッパーの森ビルが毎年実施して
いる今回は昨年十月に約一万社を対象に

アンケートを配布し20%の回答を得た。
 希望エリア一位の「日本橋」は18
%の支持があった。同社マーケティング
部は「伝統的なビジネス街というブランド
力が根強い。特に製薬、化学会社に人気が
ある」という。品川」は16%で前年八位
から二位に。「リニア中央新幹線や近くに
誕生する品川新駅など話題が豊富だった」
と分析する。三位は「大手町」、四位
「丸の内」、五位「渋谷」と続いた。

★千葉県 300万本のツバキ楽しんで
28日から伊豆大島椿まつり伊豆大島で
28日から始まる「第63回伊豆大島椿
まつり」を前にミス大島の浜野歩実さん
22)椿(つばきの女王の佐藤愛莉さん
(22)らでつくる観光キャラバン隊が
11日、館山市役所などへPRに訪れた。
まつり期間中、国際ツバキ協会から
「国際優秀つばき園」に認定された大島

公園、大島高校、椿花ガーデンなどで約
1500種類300万本が楽しめるといい
浜野さんは「ツバキの色や形を楽しんで」
佐藤さんは「温泉やグルメもいかが」など
と来場を呼び掛けた。まつりは3月25日
までで、期間中は東京や館山などから
高速ジェット船も運航される。

★岩手県 馬そりで雪景色を満喫
遠野ふるさと村 遠野市附馬牛町の
遠野ふるさと村(松本知浩支配人)で
14日、馬そりが初めて運行し多くの
来場者が雪景色を満喫した。堂々たる
体格の馬がそりを引き、約10分かけ
意気揚々と場内を一周(約800
メートル)。青空にも恵まれ、山里を
駆け抜ける感覚に乗客は歓声を上げた。

 馬そりは、3月25日まで同村で開催
されている「遠野雪あそび」の一環。
竹スキーやかんじき体験もできる馬そり
運行日は21日、2月10日、同24日、
3月25日を予定する。

晴曇り今日も元気で明るく行きましょう。
 

Re: お早う御座います

 投稿者:秩父じじ  投稿日:2018年 1月15日(月)06時44分9秒
返信・引用
  お早う御座います今日は晴れる所が多く
午後は曇り日本海側は午後は雨や北は雪

★熊本県 連なるつらら、息も凍る
小国町鍋ケ滝無数のつららが垂れ下がった
鍋ケ滝=12日小国町10日から12日
にかけての厳しい冷え込みで小国町黒渕の
鍋ケ滝では水滴が凍って無数のつららと
なり、鍾乳洞のような光景が広がった。

鍋ケ滝は落差約10メートル、幅約20
メートル。滝の裏側には大小さまざまの
つららが垂れ下がり、1メートルほどの
ものも。訪れた観光客は幻想的な風景を
写真に収めていた。

★愛媛県 小さなササの花咲く
西条・風の丘墓地公園小さな白い花を
咲かせたササ愛媛県西条市下島山の
「風の丘墓地公園」でササが小さな
かれんな花を咲かせている。長さ
1センチほどの細長い形をしており、
管理責任者の木村福生さん(52)は
見過ごしてしまいそうなほど小さな花
珍しいと思うので多くの人に楽しんで
ほしい」と呼び掛けている。

★島根県 春の山陰民窯展
米子天満屋で17日開幕 窯元などの
近作1万点 来場者でにぎわう会場
新春恒例の「春の山陰民窯展」を17
日から米子天満屋で開催します。「
民窯発祥の地」といわれる鳥取、島根
両県の35窯元と木工芸作家の近作品
約1万点を展示販売します。素朴で
ぬくもりのある作品をぜひ手に取って
みてください。
◆会期 1月17日(水)~29日
月)午前10時~午後7時(最終日は
午後5時まで)

★兵庫県 「阪神淡路大震災1.17の
つどい」あの日からそして未来へ~
2018年1月17日(水)午前5時30分~
6時15分実行委員会が主催する「1.17の
つどい」の模様を会場の三宮・東遊園地
ことしも竹灯ろうの文字が公募された
ほか、運営に関わる団体や個人も
初めて公募されました。地震の発生
時刻に捧げられる黙祷の様子のほか
「慰霊と復興のモ「神戸市追悼の集い

★京都 冷え込む朝に珍景
シモバシラの霜柱」京都府立植物園
シモバシラの根元に現れた霜柱が太陽に
この冬一番の寒さとなった12日朝、
京都府立植物園(京都市左京区)で
シモバシラの霜柱」が見られる一角に
人だかりができた。

シソ科の多年草シモバシラは、秋に
白い小花をつける。氷点下近くまで
冷え込むこの時期には、根から吸い
上げられた水が膨張して茎を裂き、
しみ出した水が凍って地表付近に
氷柱ができる。

★静岡県 つるし飾り華やか
静岡・清水港船宿記念館「末廣」
静岡まつりがテーマのつるし飾り展
静岡市清水区の清水港船宿記念館
「末廣」で11日、つるし飾り展が
始まった3月8日まで、毎年春に市内で
開催している静岡まつりをテーマにした
華やかな約80点が並ぶ。月曜休館。
同区のつるし飾り講師柵木妙子さん
(70)と生徒約15人が徳川家康や

家臣、今川義元らの人形が連なる大御所
花見行列をイメージしたつるし飾りを
制作した。座敷に置かれたひな人形を
囲んで展示され、熊手をモチーフにした
壁飾りや張り子のこま犬様の置物などと
ともに会場を彩っている。

★岐阜県 山肌に巨大「氷の渓谷」
飛騨大鍾乳洞で見頃 岐阜県高山市
丹生川町日面の飛騨大鍾乳洞で、山の
斜面に巨大な氷柱が連なる「氷の渓谷
が見頃を迎え、観光客らを楽しませて
いる3月10日まで。冬場の呼び物に
しようと毎年、実施。張り巡らせた
ホースで谷水を岩肌や樹木などにかけ
凍らせる鍾乳洞と駐車場を結ぶ通路に
沿って延べ約200メートル続き、
高さは最大約30メートルになる。

★神奈川県 ビールも景色もサイコー
JR鶴見線でイベント列車電車内から
東京湾を眺めながらビールを味わう
イベントが13日、横浜市鶴見区で
あった。JR鶴見線鶴見-海芝浦駅間を
往復する約2時間半、参加者65人は
横浜中華街(中区の中華料理店重慶飯店
」の特製おつまみセットと飲み放題の
ビールを堪能した。

午後2時前、電車が出発すると参加者は
すぐに乾杯。談笑しながら、よく冷えた
「キリンビール横浜工場」(鶴見区)で
醸造したビールを次々とおかわりして
いったホームが海に面している海芝浦駅に
着くと、車外に出て海をバックに記念
撮影をする姿もあった。

★茨城県 「JR日立駅」 眼前に
広がる青色パノラマJR常磐線日立駅
(日立市)のホームからコンコースに
上がると、巨大なガラス窓の向こうに
ロイヤルブルーの景色が広がっていた
太平洋だ」空も広いね」若い女性たちは
感嘆の声を漏らし、スマートフォンを
かざして写真に収める。ぼんやり眺める
だけのおじいさんもいる。
 市役所の日立駅周辺整備課で、駅の
整備に長年携わった菊池稔明さん45)
は「この駅は、すっかり『まちの顔』に
なりました」と紹介する。

★埼玉県 60万本満開心待ち
スイセンが見頃、幸手の権現堂公園
2月12日まで恒例の「水仙まつり」
咲き始めたスイセン。今年は例年より
開花が遅いという=幸手市の権現堂堤
幸手市の権現堂公園で、スイセンが
見頃を迎えている恒例の「水仙まつり
」は2月12日まで開かれており、
約60万本が満開になると甘い香りに
包まれるという権現堂堤に咲き始めた
スイセンは、中心が黄色く白いかわい
らしい花が特徴だ。カメラを持った
多くの来園者が、かれんに咲いた花を
写真に収めていた。

★岩手県 冬の動物園、観察会が人気
盛岡・14日まで臨時開園 冬の動物たちを
見て-盛岡市新庄の盛岡市動物公園
(辻本恒徳園長)は14日まで2日間、
臨時開園しており、13日も多くの
親子連れらが冬休みの思い出づくりに
訪れた1月に臨時開園するのは初めて
同園にいる約100種のほとんどを公開
純白の冬毛に生え替わったトウホク
ノウサギや雪と戯れるカワウソなど、
冬ならではの姿を見ることができる。
冬眠中のツキノワグマやヤマネ、野生の
生き物の冬越しなど、多彩な観察会も
関心を集めている。

寒さ緩み今日も元気で明るく行きましょう
 

Re: お早う御座います

 投稿者:秩父じじ  投稿日:2018年 1月12日(金)06時41分35秒
返信・引用
  お早う御座います、今日は晴れる所が多く
九州、北陸から北は曇りや雪に恩で低め。

★宮崎県 一足早く春実感 青島植物園で
フラワーショー一足早い春を感じて-。
青島の温暖な気候を生かして冬や春の花々、
8種約1万株が楽しめる「真冬のフラワー
ショー」は、宮崎市の宮交ボタニック
ガーデン青島(県立青島亜熱帯植物園で
開かれている。2月18日まで。

★高知県  ル5羽が越冬中
高知県四万十市の田んぼや川沿いで、
ナベヅル4羽とナベクロヅル1羽が越冬
している。親子とみられる3羽と別の
1羽が昨年11月中旬に飛来し1週間
ほど後にもう1羽が合流していた越冬地
づくりに取り組む「四万十つるの里づくり
の会」(武田正会長)のメンバーや野鳥
愛好家らが観察を続け、今月10日まで
毎日、姿が確認されている。

10日午前、同市森沢の田んぼでは、
5羽が二番穂をついばんでいた。
ナベクロヅルを含めた3羽が親子と
みられ、親子から距離を置いてナベヅル
2羽がいる。2組は基本的に別行動だが、
上空で合流して一緒に飛ぶ場面もある。
この田んぼ一帯で餌を食べ、夕方には
6キロほど離れた四万十川河口域の
ねぐらに戻るという。

★岡山県 半田山植物園でロウバイ見頃
黄色の小花、甘い香り半田山植物園
(岡山市北区法界院)でロウバイが
見頃を迎えている。黄色の小さな花が
枝いっぱいに咲き誇り甘い香りとともに
来園者を魅了している。ロウバイは
中国原産の落葉低木。直径2センチほど
の花に蝋(ろう)細工のような光沢が
あることや旧暦12月(臘月ろうづき
)に咲くことが名前の由来といわれる。
中国ではウメ、スイセン、ツバキと

並んで冬に咲く「雪中の四花」とされる。
園内では牡丹(ぼたん)園、アジサイ園、
配水池周辺の3カ所に約10本を栽培。
同園によると近年は温暖化の影響からか
開花時期が早くなっており今シーズンは
昨年12月上旬に咲き始めた今月20日
ごろまでは楽しめる見込み。

★滋賀県 洋ラン、華麗咲きそろい
滋賀・草津で最大級フェスタカトレア
など洋ランが並ぶ会場(草津市下物町・
水生植物公園みずの森)滋賀県内
最大級のラン展「滋賀洋らんフェスタ
2018」が10日、草津市下物町の
水生植物公園みずの森で始まった。
紫や白の華麗な花が咲きそろい、
来園者の目を引いている県内の愛好家
団体や同公園などでつくる実行委員会が
毎年開いており、愛好家が丹精込め
て育てた約250点が並んだ。

★兵庫県 早咲き菜の花20万本見頃
あわじ花さじき兵庫県淡路市楠本の
観光施設「あわじ花さじきで早咲きの
菜の花約20万本が見ごろを迎えて
いる。丘陵地を染める愛らしい花が
澄み切った空気に揺れ、春色に6日
からは早春菜の花まつりを開催した、
 品種が少なくなる冬季にも園内を
楽しんでもらおうと、早咲きの栽培に
今回初挑戦20万本は昨年9月下旬
、共生の花園エリアに植えたもので、
春に向かって他エリアでも順次計
約100万本が開花するという。

★和歌山県 三体月のロマン求め
観月会 田辺市本宮町と中辺路町
和歌山県田辺市の本宮町と中辺路町で
9日深夜から10日未明にかけ、熊野
地方に伝わる「三体月」の観月会が
あった。本宮町では初めて大日山で
開き、23人が参加。三体月は現れ
なかったが、参加者は厳しい寒さの
中でロマンに浸った。

★静岡県 探査機はやぶさ2、
エンジン始動6月下旬、小惑星到着へ
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は
10日、小惑星りゅうぐうを目指して
いる探査機はやぶさ2が、りゅうぐう
到着に向けて最終段階となるイオン
エンジンの連続噴射を始めたと発表した
6月下旬に上空20キロに着き約1年半
岩石の採取などに取り組む。

JAXAによると、りゅうぐうまでは
残り約350万キロ。エンジンを6月
上旬まで噴射して距離を縮める。正常に
動かないと到着が遅れたり、たどり着け
なくなったりする可能性がある。

★神奈川県 常連客らに惜しまれ
箱根ホテル小涌園、営業終える
箱根ホテル小涌園(箱根町二ノ平)が
営業を終えた十日、海外を含む多くの
常連客らが最後のチェックアウトをした
箱根と言えば小涌園」と全国に知られた
名物ホテル。ホテルは部屋番号を記した
プラスチック製のタグを記念に贈呈し、
従業員は深々と頭を下げて宿泊客を
見送った。

ソウルから家族で二泊したペ恩淑
(ペウンスク)さん(50は三回目の
利用。「閉館を知り、記念に宿泊した。
みんな親切で次男(8つ)は『帰り
たくない』と喜び、家族全員で共有
できる思い出をつくれた」と話した。

★埼玉県 50畳」最後の飛翔
寄居大凧揚げ」の主役 巨大な手作り凧
たこ)を揚げる寄居町の恒例イベント
「寄居大凧揚げ」で主役を務めてきた
五十畳の大凧が、「引退」することに
なった。元日の凧揚げで、一度は大空に
舞ったものの、強風で破損した。主催の
市民団体は来年に向け、新しい凧を制作
する予定だ。寄居町運動公園で一日

あった大凧揚げ。地上付近で風速約一〇
メートルと「これまでで一番強い風が
吹いていた」と大凧の制作責任者を
務める吉田久良さん(63)。鳳凰(
ほうおう)が描かれた主役の五十畳を
はじめ、三十畳、二十畳の三サイズの
大凧が空に舞い上がり、千人近い見物客
から拍手喝采を受けた。

★千葉県 寒空に映える早咲き菜の花
袖ケ浦・東京ドイツ村袖ヶ浦市永吉の
東京ドイツ村」で、早咲きの菜の花が
見頃を迎えている。東京ドイツ村に
よると、出入り口近くの約5000
平方メートルに、早咲き品種「観月」
約40万本が植えられている。4日
現在で満開の状況で2月下旬ごろまで
楽しめるという。好天に恵まれた
この日は、多くの来場者が声を弾ませ
ながら青空と鮮やかな黄色の花の
競演を楽しみ、撮影するなどしていた。

★東京 墨田「爺婆尊」に受験生ら
参拝 風邪除けの御利益求めインフル
エンザが流行する中、墨田区向島五の
弘福寺にある「咳(せき)の爺婆尊
(じじばばそん)」に連日、風邪の
予防や回復を願い入試を控えた受験生
やお年寄りらが参拝に訪れている。
 爺婆尊は、江戸時代前期、禅僧の
風外(ふうがい)が、亡くなった

父母を思って石に彫り朝夕に供養を
したと伝承されている風邪除け」の
由来は、「風外は『風の外』だから、
風邪に効くと、庶民から信仰される
ようになったとされる。咳は婆の像、
口の中の病は爺の像に祈願する習わし
だが、二体一緒に奉られていること
から、まとめてお参りすると、より
御利益」があるそうだ。治ったお礼に
いり豆と番茶を供える風習もある。

★福島県 恒例「うそかえ祭」
11日から福島・西根神社うそどり販売
福島県福島市飯坂町湯野の西根神社は
11~14日の4日間、高畑天満宮
うそかえ祭とどんと祭を開く。
うそかえ祭は同神社境内の高畑天満宮
に参拝することで、災いが「うそ」に
なるといわれている行事。毎年、悪い
出来事の身代わりとなり、良い事に
替えるという木彫りの「うそどり」が

限定販売される。どんと祭では正月飾り
やお札、お守りなどをたき上げる。
 境内では地元の商店主らでつくる
高畑梅鉢会が、家電製品などが当たる
空くじなしの福引・抽選会を開催する。

寒い一日今日も元気で明るく行きましょう
 

Re: お早う御座います

 投稿者:秩父じじ  投稿日:2018年 1月11日(木)06時39分9秒
返信・引用
  お早う御座います今日は九州、北陸、東北
曇り雪、他は曇りや晴れ温度低め。

★宮崎県 変わり羽子板
2017年の話題の人をあしらった羽子板
8点が宮崎市の宮交シティに展示中=
陸上の桐生祥秀選手や将棋の藤井聡太四段
などおなじみの顔触れに客はそっくり」と
大喜び。14日まで。魔を打ち払う
羽根つきの文化を広く伝えようと、同市の
人形専門店「わらべ」が東京のメーカー
から借り受けた。本桐(きりと絹の生地を
使い手作りした一点もので県内では同所で
しか見られない。

★徳島県 縁起物求めにぎわう徳島市で
えびす祭り」始まる商売繁盛の神様」と
して知られる徳島市通町2の事代主
ことしろぬし)神社(佐藤信博宮司で
9日、えびす祭りが始まり、縁起物の
福ザサなどを買い求める大勢の善男善女で
にぎわった。11日まで。

宵えびすの9日は商店主らが次々と訪れ、
新年の商売繁盛や家内安全を祈願。福俵や
小判、タイなどを飾り付けたササや熊手の
ほかだるまやお守りなどを買い求めていた

★岡山県 ファン魅了の岡山日展会秀作展
入選作家らの絵画や彫刻194点国内最大
の総合美術展・日展に参加する岡山県内
作家の作品がそろう「第13回岡山日展会
秀作展」岡山日展会、山陽新聞社主催)が
9日、岡山市北区天神町、県天神山文化
プラザで始まった。日本画、洋画、彫刻、

工芸美術、書の全5科計194点による
美の競演がファンらを魅了している。
同展は隔年開催。会場には入選歴のある
191人の近作と昨年亡くなった文化勲章
受章のかな書家高木聖鶴氏ら3人の
遺作が並ぶ。

★京都 祇園のえべっさん」もよろしく
京都市東山区の八坂神社で9日「祇園の
えべっさん」が始まった七福神を乗せた
宝船「えびす船」の巡行や福笹(ささの
授与があり、参拝者が商売繁盛を祈った。
境内にある末社「蛭子(えびす)社」の
恒例行事。1999年に地元の商店街の
協力で復興して以来、毎年行っている。

午後3時、大黒天や弁財天にふんした
人が乗り込んだえびす船は、福娘や太鼓と
ともに八坂神社を出発し、四条烏丸間を
往復した商売繁盛でササ持って来い」と
にぎやかな掛け声の中 福娘たちは沿道の
商店に福笹を配っていた。

★和歌山県 早咲きの梅、寒風の中満開
印南町まだまだ厳しい寒さが続くが、
和歌山県印南町印南で1本の梅の木が
早くも満開に近い状態となって春の
雰囲気を漂わせている。

★岐阜県 下呂温泉の夜空飾る
花火物語幕開け 冬の湯の街を彩る
「冬の下呂温泉花火物語」が、岐阜県
下呂市の下呂大橋下流の飛騨川河畔で
開幕した3月31日までの毎週土曜日と
4月1日の夜に開催される。

下呂温泉観光協会などでつくる下呂温泉
花火ミュージカル冬公演実行委員会が
主催。時間は午後8時30分から約10分
間で、節分やバレンタインなど毎回、
時節や行事にちなんだプログラムを行う。

★神奈川県 個人育種家の珍しいパンジー
小田原フラワーガーデンで特別展
小田原フラワーガーデン(小田原市久野)
は、珍しいパンジーとビオラを集めた
特別展を14日まで開いている。個人
育種家が交配を重ねたオリジナル種が
中心で市場に出回っていない品種も多い。
 パンジーとビオラは、200年前に

黄と紫のスミレの品種改良から生まれた。
今や1万種に増え、緑と金色以外の全ての
色がある。特別展には8人が30種、
123鉢を出品。本来は平面状に5枚
咲く花弁が球状になるドラキュラ、強い
香りを放つカナリアも並ぶ。

★群馬県 ろうばいまつり 甘い香りを
満喫 安中でにぎわう安中市松井田町
上増田の「ろうばいの郷で7日、恒例の
ろうばいまつり」があった。無料で開放
された園内には、ロウバイの花の甘い
香りが漂い、県内外から訪れた花見客で
にぎわった。

まつり会場では地元の太鼓グループなど
の演奏や芸能などが披露されたほか、
ロウバイの切り花や野菜の販売すいとん
などの模擬店も並び、来園者は散策と
ともに楽しんだ。

★茨城県 「一番福」求め疾走 筑西
羽黒神社で200人参加 羽黒神社境内に
設けられたゴールに飛び込んでくる参加者
たち=筑西市で一番福」の称号を懸けて
参道と境内を駆け抜けるイベント招福
舘男舘女(だておとこだておんな)」が
8日、筑西市の羽黒神社を舞台に開かれた
8~86歳の男女約200人が、年齢や
性別ごとに分かれた8部門に出場。幸運を
つかみ取ろうと、200メートルほどの
コースをひた走った。

★岩手県 住民の心、照らす光 奥州
・衣川で電飾点灯 奥州市衣川区の衣川
地区振興会(佐藤利男会長)と古戸農地
・水環境保全組合(佐々木金男代表)は
20日まで、同区古戸の県道交差点脇で、
発光ダイオード(LED)約8千個を
使ったイルミネーションを設置し住民を
楽しませている。

寒い夜でも、明るい光で心を温めて
もらいたいという願いを込め2016年
から実施。道路脇の高さ約15メートルの
ドイツトウヒの木に約300個のLEDを
つなげた線を20本飾り付けた。周囲
には水が流れる様子をイメージした
青色の光も輝いている。

寒い一日今日も元気で明るく行きましょう
 

Re: お早う御座います

 投稿者:秩父じじ  投稿日:2018年 1月10日(水)06時35分46秒
返信・引用
  お早う御座います今日は晴れる所は四国
東海、関東。他は曇りや雨、北は雪に。

★鹿児島県 真冬にヒマワリ鮮やか喜入
真冬に黄色い花を咲かせるヒマワリ=
鹿児島市喜入中名町鹿児島県内は8日、
南から暖かい空気が流れ込み、寒さが
緩んだ。最低気温は鹿児島市12.1度
など、各地で4月上旬~5月上旬並み。
同市喜入中名町の畑では曇り空の下、
約1500本のヒマワリが鮮やかに咲き
道行く人を楽しませていた。

鹿児島地方気象台によると県内は今後、
西高東低の冬型の気圧配置が強まり、
寒さが戻る見通し東シナ海側を中心に
曇りや雨の天気が続くとみられ、10~
12日は山地で雪が降る恐れがある。

★高知県 畑から竹の根6メートル
男性こつこつ掘る 高知県香南市
どれっぱあいっちゅうろう思うて、
掘ったがよ」。高知県香南市香我美町
口西川の高橋敏朗さん(70)が畑
から、6メートルのモウソウチクの
根っこを掘り出した畑で白菜や
ブロッコリーを育てている高橋さん。
昨年暮れエンドウの苗を植え付け
ようと耕していたところ「かんっ」。
くわの先が固いものに突き当たった。

スコップやつるはしでこつこつ掘り
進めると枝分かれした長~い根っこが
姿を現した近くにはミカン畑跡があり
高齢化や後継者不足に伴って耕作が
できなくなると、竹はたちまち勢力を
増す。高橋さんは「ここだけの話や
ないけんどねえ」と、山を見上げた。

★岡山県 西川イル2018年2月14日
午後5時~11時 桃太郎大通り―あくら
通りの約550メートルを過去最多の
12万個のLED(発光ダイオード)の
光で鮮やかに彩る。今年のテーマは
「光のオーケストラ」。LEDを取り
付けたワイヤを両岸につなぎ、時間と
ともに赤、黄、青などに変化する光で
水面を色とりどりに照らす
「レインボーリバー」を新たに取り
入れる。

★滋賀県  20歳の夢乗せ、
大凧舞う滋賀・東近江、新成人
が挑戦 滋賀県東近江市の新成人
たちが7日、同市聖徳町の聖徳中
グラウンドで、20畳敷大凧
(おおだこ)の凧揚げに挑んだ。
若者たちが勢いよく引っ張ると、
凧が悠々と青空に舞い上がった。

★兵庫県 柳原蛭子神社に鮮魚奉納
9日に「まぐろ奉納神事」も新鮮な
ブリやタイを飾り付ける神戸水産
物卸協同組合の組合員ら=神戸市
兵庫区西柳原町 商売繁盛や開運
招福を祈願する「十日えびす」を
前に、柳原蛭子神社(神戸市兵庫区

西柳原町)に8日、神戸市中央
卸売市場(同区中之島1)から
ブリやタイなどの鮮魚が奉納された。
9日の宵えびすには、約120キロ
の本マグロをみこしに載せて神社
周辺を練り歩き、宮入りする
「まぐろ奉納神事」がある。

★静岡県 カピバラ、長風呂で対決
5園参加、伊豆の「がんも」3位
長風呂対決に挑戦した「がんも」(
手前左)=8日午後、伊東市の伊豆
シャボテン動物公園カピバラの入浴
風景を公開している伊東市の伊豆
シャボテン動物公園な全国のテーマ
パーク5園は8日カピバラの長風呂

対決を行った。伊豆代表の「がんも」
(雄、4歳)は28分31秒で3位
だったが、来場者はユニークな催しを
楽しんだ。ほかに参加したのは那須
どうぶつ王国(栃木県)長崎バイオ
パーク(長崎県)、埼玉県こども
動物自然公園、いしかわ動物園(
石川県)。優勝は埼玉のメープル(
雌、7歳)で、記録は1時間36分
17秒だった。

★神奈川県 幕末~明治のイヌ事情」
に迫る 横浜開港資料館で展示
二〇一八年の戌(いぬ)年にちなみ、
幕末~明治の「イヌ事情」に迫った
資料展が横浜市中区の横浜開港資料館
ミニ展示コーナーで開かれている。
二月二十八日まで。同館によると、
江戸時代は猟犬や狆(ちん)という
小型犬を除き個人がイヌを飼うことは
なかった雑種とみられるイヌが群れを
なして地域内で暮らすのが普通で、
現在の地域猫のような存在だった。

★群馬県 華やかに山車巡回 安中
「鳥追い祭り」安中市原市地区で六、
七の両日、隔年で開かれる小正月行事
「鳥追い祭り」があった。華やかに
装飾された四町内の山車が おはやしや
子どもたちの元気な掛け声とともに
地区内を巡回し、寒さに負けない
住民らの熱気に包まれた。祭りは、
かつては盛んだった養蚕の振興を願い
、養蚕具を色紙で作った花とともに
山車に飾り付けるのが特徴だったが、
現在は日用品や縁起物などが飾り
付けられ、市民に振る舞われている。

★埼玉県 荘厳、あしがくぼの氷柱
青い光でライトアップされた氷柱=
横瀬町で秩父の厳寒が形づくる「
あしがくぼの氷柱」(横瀬町芦ケ久保
)が五日夜、報道陣に公開された。
六日から始まる一般公開を前に、
関係者が氷柱の出来栄えを確認した。
二月二十五日まで。あしがくぼの
氷柱は、芦ケ久保地区へ観光客を
誘致しようと、町観光・産業振興協会
氷柱部会が二〇一四年から毎年この
時期に実施しており、今年で五回目。

★山形県 復興の願い込め夜空へ
河北で「スカイランタン」飛ばす
イベントメッセージやイラストが
描かれたスカイランタンが冬の夜空を
彩った=河北町・どんがホール駐車場
東日本大震災の復興を祈願した紙製の
ミニ熱気球「スカイランタン」を飛ばす
イベントが8日夕、河北町のどんが
ホール駐車場で開かれた。ゆっくりと
浮かび上がるランタンの光が冬の夜空を
彩った。スカイランタンは高さ約
3メートルの直方体で、谷地高の書道
・美術の両部、町内の幼稚園や谷地
八幡宮など9団体が制作。表面には
天下泰平」の文字やえとの犬の絵など
を、各団体が思いを込めて書き上げた。

晴曇り今日も元気で明るく行きましょう。
 

Re: お早う御座います

 投稿者:秩父じじ  投稿日:2017年12月31日(日)08時32分45秒
返信・引用
  お早う御座います
今年も後数時間になりました、
今年は色々な事が多い年でした」
来年は明るいニュースになる年に
したいですねー
今年もローカル情報メール見て頂き
有難う御座います。来年は10日から
また宜しくお願いいたします」
良い年を迎えましょう。。
 

Re: お早う御座います

 投稿者:秩父じじ  投稿日:2017年12月22日(金)06時44分43秒
返信・引用
  お早う御座います、今日は冬至、今日は
晴れる所が多い、信越が曇り雨、

★京都 、迎春準備、終い弘法にぎわう
京都・東寺近づく新年を楽しみにしながら
終い弘法」で迎春準備の品を買い求める
京都市南区の東寺で21日、今年最後の
縁日「終(しま)い弘法」が行われた。
境内の露店には迎春用品や正月用食材が
並び、多くの参拝者たちでにぎわった。

東寺の造営に携わった真言宗の宗祖空海
(弘法大師)の亡くなった日にちなみ、
毎月21日の縁日には弘法市が開かれて
いる1月と12月は特に多くの参拝者が
訪れる。露店では、正月飾りに用いる
松をはじめ、金時にんじんや、くわいと
いった新年の食卓には欠かせない野菜
などが店先を彩った。

★兵庫県 冬空に映える淡紅の花
神戸でヒマラヤザクラ満開となった
ヒマラヤザクラ21日午前、神戸市
兵庫区湊川町5 神戸市兵庫区の新湊
川沿いで冬に咲くヒマラヤザクラが
満開になっている淡紅色の花びらが
枝いっぱいに咲き、冬空に映える
様子が近くを通る人たちの目を楽し
ませている。神戸市中部建設事務所に
よると川に沿うように4本のヒマラヤ

ザクラが植えられている。10月に
発生した台風21号の影響で枝が折れ
たり傾いたりした木があったが、
いずれも12月に入ってから花をつけ
始めたという。高気圧に覆われ21日
は朝から晴れ間が広がり、日差しが
川沿いを照らし始めると直径3センチ
ほどの花々が青空に浮かび上がった。
近くを通る通勤者や親子らは歩を緩めて
「きれい」と、頭上に広がる大輪に
見入っていた。

★滋賀県 高島の蔵元 滋賀県高島市
で大きな被害を出した2013年の台風
18号をきっかけに生まれた地酒が、
発売3年で人気商品に育った。内外の
日本酒コンテストで高い評価を得ており、
蔵元は「こんな酒にしようと意図して
『造った』のではなく、不思議な縁で
『できた』酒」と話す。
「福井弥平商店」(同市勝野)が毎秋、
限定販売している純米酒「雨垂れ石を
穿(うが)つ」すっきりした口当たりと
豊かな風味が特長で、地元で栽培された
酒米「吟吹雪(ぎんふぶき)」を使い、
通常より2割少ない水で仕込む醸造法
「十水(とすい)仕込み」を採用した。

★静岡県 1月天浜線貸し切り列車で
ライブ 浜松出身の歌手白雪さん
天浜線で貸し切り列車ライブを開く
白雪さん=浜松市天竜区二俣町浜松市
中区出身の歌手白雪ありあさん東京都が
2018年1月21日天竜浜名湖鉄道
の貸し切り列車を利用したライブを開く。
同鉄道をイメージした曲「天浜線で
つかまえて」などを披露する白雪さんは
静岡大大学院で声楽を学び、ロリータ

ァッションと鉄道を融合させた“ロリ鉄”
歌手として売り出しているローカル線へ
の思い入れが強く同曲は自ら作詞した。
ライブは午前11時45分に掛川駅集合、
午後2時40分に新所原駅で解散する。
オリジナル曲のほか、昭和歌謡曲を歌う
白雪さんプロデュースの特製弁当を列車
内で提供する。

★岐阜県 ゆずの足湯で心身ゆったり
下呂温泉合掌村ユズを浮かべた足湯を
楽しむカップル下呂市森下呂温泉合掌村
 岐阜県下呂市森の下呂温泉合掌村で
19日、足湯にユズを浮かべるイベント
「ゆずの足湯」が始まり、観光客らは
ユズの香り漂う足湯で足とともに、
ゆったりした気分で心も温めていた。
24日まで。

同村では毎年、冬至(22日)の前後に
、あずまや風の建物「合掌の足湯」
(無料)にユズを入れて、来場者を
楽しませている。

晴れて今日も元気で明るく行きましょう。

お早う御座います
何時もローカル情報メールを
見て頂き有難う御座います。
情報メールを九州から北海道まで
毎日送っているメールは組み立てるの
には2時間もかかります。
皆さんに送る時間は1時間です、
中にも良い記事が中々県が有ります。
此れからも良い楽しいニュースを送ります、
良い楽しいニュースが無く中々情報が遅れない
県も有りますので宜しく。
今年は12月23日から、
来年1月は9日までお休みいたします、
また年末年始のご挨拶をさせて頂きます。
来年も宜しくお願いいたします。
 

Re: こんにちわ

 投稿者:秩父じじ  投稿日:2017年12月21日(木)16時29分30秒
返信・引用
  こんにちは、今日は晴れる所が多いが
北陸から北の日本海側が曇りや雨や雪に。

★京都 時代祭体感、カフェもスイーツも
平安神宮に新施設20日にオープン京都・
時代祭館十二十二」客の頭上のスクリーン
に祭りの様子が映し出される京都市左京区
平安神宮境内)時代祭をテーマにした商業
施設「京都・時代祭館十二十二(トニトニ)
が京都市左京区岡崎の平安神宮境内に完成し
、内覧会が19日開かれた。コンピューター
グラフィックス(CG)で風俗行列の様子を
映し出すスクリーンを備えるほか、京都初

出店を含む飲食や土産物など28店舗を
そろえ、岡崎地域を訪れる観光客の利用を
見込む20日に開業トニトニは鉄筋造り
2階建て延べ3110平方メートル。京都
平安振興財団(左京区)が建設した。
平安神宮の祭りである時代祭が催される
10月22日に由来して施設名を決めた。

★兵庫県 闇に浮かぶ和歌山・那智の滝
大みそか本番前に試験点灯大みそか恒例の
ライトアップに備え、試験点灯された
熊野那智大社のご神体「那智の滝」と
那智山青岸渡寺の「三重塔19日夕、
和歌山県那智勝浦町 和歌山県那智勝浦町に
ある熊野那智大社のご神体「那智の滝」と
那智山青岸渡寺の「三重塔」で19日、
大みそか恒例のライトアップに備えて
試験点灯が行われた。

夕闇の中、照明を受けて落差133
メートルの那智の滝が青白く神秘的に
浮かび上がり三重塔は朱色に輝くような
姿を見せた本番は31日の夕から元日の
夜明けまで照らされ、初詣客らを迎える
熊野那智大社では27日に滝の上にかかる
しめ縄を張り替え迎春準備を整える。

★和歌山県 海中でメリー・クリスマス
白浜沖の沈船にツリー和歌山県白浜町沖に
沈んでいる船に、飾り付けをしたクリス
マスツリー高さ4・5メートル)が取り
付けられた。透明度の高い場所で魚も多く、
ダイビング客を楽しませている。
勝・円月島から南に約500メートルの
水深18メートルのポイント「沈船」(

全長28メートル)に、町内のダイビング
ショップ4社が協力して設置した。
冬のツリー設置はここ数年の恒例になって
いて、これを目当てに訪れる客も多い。
サンタクロースの服を着て潜る人がいる
ほか、4社では周辺の清掃にも取り組み、
大切にしている場所という。

★奈良県 荒廃神社から人集う場所に -
御所の葛木御歳神社」の宮司東川優子
さん=御所市人の手が入らず荒廃していた
御所市の神社が、女性宮司の呼び掛けに
応じた神社ファンらの協力で県内外から
人が集まる場所に生まれ変わった。神道
講座やピアノコンサートを開催する
カフェも併設し、今では参加者が境内を
自主的に掃除する姿も見られる。

葛木御歳神社」の宮司東川優子さん(55
)は大阪府八尾市の出身で、縁があり
御所市に移住した。前宮司は別の仕事で
忙しく、かつては祭りをしてもほとんど
人が来なかった境内の管理は行き届かず
神社の一部の施設にはイタチが出入り
していた東川さんによると、神社は稲作
の神様「御歳神」を祭る全国の総本社。
平安時代初期の文書にも登場し本殿は
江戸時代後期に奈良市の春日大社から
移築された由緒ある神社だ。だが当時は
社務所が朽ちかけ、拝殿は泥やコケに
覆われていた。「まるで幽霊屋敷。
近寄りがたかった」という。

★静岡県 かれんな水仙300万本群生
下田・須崎でまつり約300万本が群生
する水仙園。斜面を中心に三分咲きと
なり20日に「水仙まつり」が開幕した
下田市須崎の爪木崎水仙園で20日、
第52回水仙まつりが開幕する。白亜の
爪木埼灯台と、真っ青な海や空のコント
ラストが映える須崎半島の景勝地に約
300万本が群生。温暖化などの影響で

年々開花が早まり三分咲きとなっている。
岬の斜面を中心に白と黄色のかれんな
花がここかしこで咲き始め、潮風に
乗って辺りに甘い香りを漂わせている。
市観光協会によると、年明けに見頃を
迎えるという18日には市や同協会、
須崎区などで組織する実行委員会が会場
の清掃を行った。市民ボランティアを
含む約80人が海岸沿いや遊歩道の
ごみを拾い、多くの観光客を受け入れる
準備を整えた。
まつりは2018年2月10日まで。

晴曇り今日も元気で明るく行きましょう。
 

レンタル掲示板
/325